みんなの反応は。レンタルサーバーランキング

コストパフォーマンスから見たランキング

第3位は「お名前.COM」でディスク容量は200~400GBで利用可能でさまざまなキャンペーンもやっているので実際の料金はもっと安く できますしサーバーの安定性も高いです。第2位は「CPI」で大手通信会社が提供しているため月額料金はやや高いですが、ディスク容量 などが無制限なので料金に見合ったスペックになっており、法人やビジネス向けにもおすすめです。そして第1位に輝いたのは「WebARENA SuiteX」 でこちらも大手通信会社が提供している共用サーバーでセキュリティ機能が標準装備で付いており、月額料金も安くコストパフォーマンスも優れてなおかつ稼働率100%保証となっているのを考えるとかなりお得感があると言えます。

レンタルサーバーを決めるポイント

レンタルサーバーを選ぶ際に重要なポイントのひとつにコストパフォーマンスの良いものをチョイスするのが最良と言えます。同等の機能・スペックでいかにコスパの良いサーバーが勝負になってきます。コストパフォーマンスの観点からみると月額料金に対してその機種のスペックや機能がどれ位優れているか細かく言うとディスク容量やデータベース作成可能数、マルチドメイン数、メールアドレス数といった所です。 他には高稼働率やSLA、セキュリティ機能といた特定の機能の有無なども重要な判断材料になってきます。一番気をつける事は必要以上のオプションを付けてしまうことで運用方針や利用目的にそったサーバーを選ぶ際にはそこは事前に整理しておいた方が良いと言えそうです。