要チェック!レンタルサーバーの歴史

レンタルサーバーとは何か

先ず、レンタルサーバーとはどのようなものを指すかについて説明させていただきます。 そもそも、サーバーとは、WEB上に何らかの情報を提示する際に、そのホームページを格納し、インターネットに繋げておくというものです。 サーバーが無ければ、こうしてインターネット上で、記事を探して文章を閲覧する事も出来ません。 レンタルサーバーとは、その名の通り、情報を格納し、通信する為に必要なサーバーを貸し出したものを指します。 レンタルサーバーには様々な貸し出し形態があり、適切に運用する為には、それぞれの形態についてきちんと調べ、理解する事が重要となります。 具体的には、共用サーバー、VPSサーバー、専用サーバーなどがあるので、是非、機会があれば、ご自身でお確かめ下さい。

レンタルサーバーの誕生について

ここでは、レンタルサーバーの起源から現代までの流れを簡単にご紹介致します。 先ず、もともと、我々が現在当たり前の様に利用しているインターネットは、たった一つの巨大なコンピュータによって組織されていました。 これを中央集約型ネットワークと呼びます。このネットワークの最大の欠点は、中央のサーバーが何らかの原因で機能しなくなった場合、それに繋げている全てのネットワークが切断されてしまう事にありました。 それを改善する為に、複数のサーバーを相互に接続し合うという方法がとられ、その後、インターネットがどんどん世界中に普及するに従って、一般の方々もWEB上に情報を発信したいという需要が高まり、そのサーバーをレンタルする事になったのです。